出張買取のデメリット

愛用してきたカメラを売却するときに考えるのが買取方法です。

一般的に店頭へ持ち込みする方法、郵送して売る方法、出張してもらう方法があります。

もっとも利用者の多いのは郵送or店頭だと思います。
これは住んでるエリアによっても違ってきます。

首都圏近郊なら比較的中古カメラ店だったり、カメラを積極的に買取しているリサイクル店があるため、店頭で売る人が多いようですが、地方に住んでる方だと高く売れる店がないこともあり、郵送での買取を利用する人が多いようです。

では、出張買取を利用する人ってどんなケースかというと、
カメラがとにかく大量にある人だったり、自分が使ってたカメラじゃないケースです。

台数が数十台だと、持ち込みするのは物理的に面倒ですね。

何度も自宅とカメラ店を往復する必要があったり、車を持ってないと持ち込みすることはできないことも考えられます。そんなときはカメラの出張買取を利用している人が多いです。

また、自分のカメラじゃなかった人も出張買取を利用する人が多いです。
たとえば、家族が使っていたカメラを処分するケースです。多いのは故人の遺品カメラの売却を検討する人です。

遺品カメラだと、本人が売るわけではないため、カメラの機種だったり状態を調べるのは困難です。とくに古いカメラであったり、量が多いとイチイチ調べるのは大変な労力です。

そんなときはカメラ出張買取を使うことで楽に売ることできます。

一括査定でカメラ出張買取金額を調査

カメラ出張買取を利用する場合でもできるだけ査定を複数社へ依頼したほうが高く売れます。カメラの型番と状態をリスト化し、すべてのカメラを一括査定してもらいましょう。

その際にカメラ出張買取を前提としていることを伝えることを忘れずにしましょう。
また、いつ頃を希望していて、どこに出張してもらいたいのかも業者へ伝えます。

金額は伝える必要ありません。
あくまで複数社で査定して一番高いところへ依頼します。

買取金額が高くなら無いケースもある

カメラ出張買取のデメリットが買取金額が安くなることがあります。

通常なら3万円で売れるところを出張買取を利用したことで、2万円になってしまうこともあります。カメラ店側とすれば自宅まで出張することで時間と交通費がかかってきます。

つまり、買取するためのコストが通常の店頭買取や郵送買取に比べると割高になるため、そのコストを吸収するために買取金額が安くなるのです。

これが出張買取のマイナス点です。

コレを防ぐ方法として、出張買取と店頭買取の両方で査定してもらうのも手です。

傾向的にはカメラがかなりの量あるなら同額で買取してくれます。逆にカメラが数台しかない場合だと、店頭買取のほうが条件が良くなります。

ただ、そもそもカメラを出張買取でないと売れないケースもあると思うので、その場合はこの方法を使ったとしても意味がないですね。

そんなときの裏技として、仮に店頭買取を依頼したらいくらになるのか聞いてみて、やっぱり出張を依頼したいと交渉してみましょう。

その場合の交渉は絶対に電話でします。メールなど断られやすいため、電話で交渉します。しかも、その電話で出張買取の希望日時まで伝えちゃうことで、業者側が断りづらい雰囲気を作っちゃいましょう。

そうすれば案外店頭買取と同額での金額を出してくれるかもしれません。ダメ元でも交渉しなきゃ損です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする